単純疱疹(口唇ヘルペス)|肌トラブル|皮膚の病気

単純疱疹(単純ヘルペス)とは

単純疱疹は、皮膚や粘膜に小さな水疱ができる病気です。単純ヘルペスウイルスによるもので、口や性器の水ぶくれとの接触や、唾液を介して感染します。

このウイルスに初めて感染すると、ウイルスが侵入した皮膚に小さな水ぶくれができます。水ぶくれが広範囲に広がると高熱が出ることがありますが、場合によっては、口の中の軽いただれを伴う風邪程度の症状で済むこともあります。

水疱は最終的にはかさぶたを形成して治りますが、数ヶ月~数年後に疲労やストレスなどで再発することがあり、これが単純ヘルペスの特徴です。

単純疱疹には1型と2型の2種類ある

1型単純ヘルペスウイルス

単純ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類があります。1型は主に上半身に症状が見られ、顔や口の周りに多く現れます。口唇ヘルペスは単純疱疹の最も一般的な形態であり、唇や口の周りに発生します。

2型単純ヘルペスウイルス

一方、2型は主に性器に発生します。いわゆる性器ヘルペスと呼ばれるもので、症状は軽いのですが、再発することが多いです。

単純疱疹の治療法

単純疱疹は抗ウイルス軟膏や内服薬で治療できます。しかし、単純ヘルペスが体内に入ると、根治することは難しく、ウイルスは潜伏を続けます。

繰り返す単純疱疹

体の抵抗力が低いと再発する可能性が高くなります。例えば、疲労やストレス、日焼け、発熱などで体の抵抗力が弱まると、ウイルスが再び活性化して繁殖します。

再発前には、ピリピリしたり、針が刺さるような感じがするなど、「痒み」とも言い難い違和感を感じることがあります。この段階で抗ウイルス薬による治療を行うことで、再発の予防や症状のコントロールが可能になります。

「単純疱疹(単純ヘルペス)」SNSトピック