脂漏性皮膚炎|肌トラブル|皮膚の病気

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎とは、皮脂を多く出す部分に湿疹ができて炎症を起こす病気です。マラセチアという皮膚の常在菌(カビ・真菌の一種)が関係しており、皮脂が過剰に分泌されると、この菌が異常に増殖して炎症を起こします。

脂漏性皮膚炎になりやすい部位

  • 皮脂を多く分泌する体の全ての部位(皮脂腺の多い部位)
    • 頭部
    • 額(Tゾーン)
    • 耳の穴
    • 背中上部
    • 脇の下
    • へそ

脂漏性皮膚炎の特徴

  • 皮膚に赤い湿疹ができる
  • 剥皮する

脂漏性皮膚炎は、最も多くの場合、頭部に発生し、皮膚の赤み、かゆみ、剥皮(フケ)が生じます。

脂漏性皮膚炎の予防法

しっかりと洗顔をして、シャンプー、ボディーソープで皮脂を落とすことが大切です。

「脂漏性皮膚炎」SNSトピック