腸活!腸内フローラとアレルギー症状の関係

はじめに

アレルギー症状と腸内フローラ(腸内細菌叢:ちょうないさいきんそう)の状態との関係については、多くの研究がなされています。腸内細菌叢とは、腸内に生息している細菌が、菌種ごとに塊になって腸壁に張り付いている様子から名付けられ、これが「お花畑」の風景に例えられて腸内フローラと呼ばれています。

ここでいうアレルギー症状とは、体内の免疫システム(ウイルスなどの異物から身体を守るシステム)が過剰反応することによって引き起こされる発疹やくしゃみ、呼吸困難などの症状で、身近な疾患に、アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギーなどがあります。

善玉菌や悪玉菌、日和見菌などの言葉は有名ですが、腸内フローラが善玉菌優性(腸内フローラが良好な状態)だとアレルギー症状が緩和され、腸内フローラが悪玉菌優性(腸内フローラが乱れている状態)だとアレルギー症状が発症しやすいという考え方は以前から有り、例えばカルピス株式会社さんは、「アレルギーを抑制するL92乳酸菌配合」を謳ったアレルケアというサプリメントを実際に販売されています。

腸内フローラvsアレルギー症状の研究事例

「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という言葉はよく知られていますが、「腸内フローラの状態が良い(善玉菌優性)とアレルギー症状が緩和され、腸内フローラの状態が乱れる(悪玉菌優性)とアレルギー症状が出やすい」という考え方は昔からあります。例えば、カルピス株式会社では、L92乳酸菌を配合した「アレルケア」というサプリメントを「アレルギーを抑制する」健康食品として実際に販売しています。

実際、腸内フローラの乱れとアレルギー症状に関連して、花粉症患者ではフィーカリバクテリウム属という腸内細菌の一種が減少していることがわかっていますし、食物アレルギーを発症する子供の多くが腸内フローラの多様性に乏しく、エンテロバクター属という腸内細菌の一種が増加していることが報告されています。

また、まだ動物実験(マウス)でしか行われていませんが、腸内細菌の一種であるクロストリジウム種という腸内細菌の一種を増加させることで、食物アレルギーの発症を予防できることもわかっています。これらの先進的な研究により、腸内フローラをコントロールすることで、アトピー性皮膚炎や花粉症の症状を抑制できる展望が開けてきているのです。

カルピス株式会社の事例以外にも、腸活や腸内フローラの改善をターゲットにした健康食品やサプリメントの市場が活況を呈しています。ただ、2021年12月現在、誤解を招くような作用機序の製品や、口コミを騙るような製品が主流となっている点は残念です。とはいえ、腸内フローラというテーマは、間違いなく医学界で最もホットな話題の一つになっています。

※現時点で「安パイ」なのは、日本食物繊維学会が推奨する「ルミナコイド」を主原料とする製品群でしょう(例えば複合ルミナコイド←早稲田大学の研究により着実にエビデンスを積み増しています)。

腸内フローラとアレルギー症状が相関する作用機序

腸内フローラとアレルギー症状が相関する作用機序を理解するために、身体の「免疫システム」について簡単に紹介します。

免疫には、白血球の一部であるリンパ球(B細胞、T細胞、NK細胞、NKT細胞の4種)が関わっています。この内、NKT細胞は免疫システムの司令塔のような働きをし、身体の状態に合わせて、免疫力を高めたり、免疫力を抑えたりします(免疫力を抑える場合、Tregと呼ばれる制御性T細胞を誘導します)。制御性T細胞が十分に誘導されない場合、異物に対して免疫システムが上手く機能せず、暴走してアレルギー症状のトリガーになってしまいます。

即ち、逆に考えると、制御性T細胞(Treg)の誘導を促進することができれば、アレルギー症状を抑えることができることになるため、生命科学分野ではTregを意図的に誘導するための様々な先端研究が行われています。

ここで腸内フローラが登場します。有力なアプローチの一つとして、腸内フローラを構成する酪酸菌が産生する酪酸が腸管粘膜を通過し、リンパ球に作用することによってTregが有意に誘導され、これを全身に循環させることでアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状を抑えるという作用機序が提案されています。

乳酸菌でもビフィズス菌でも酪酸菌でもなくルミナコイド

このような作用機序を提案すると、一部の食品メーカーやマーケッター、インフルエンサーはすぐに「サプリメントとして酪酸菌を!」と煽りますが、この考え方は極めて早計と言えそうです。

酪酸菌を積極的に摂取したからといって、飲用した酪酸菌が腸内フローラとして大腸内に定着することはありません。乳酸菌もビフィズス菌も同様です。もちろん「全く効果が無い」わけではありませんが、大腸内の酪酸産生を促すには非効率です。

酪酸をそのまま飲用しても、大腸に届く前にほとんどが代謝されてしまいます。また、乳酸菌やビフィズス菌などを「生きたまま」腸に届けることも、有用ではあるものの、それほどクリティカルではありません(「腸内フローラとプレバイオティクス(ルミナコイド)」をご参照下さい)。

酪酸菌は、腸内フローラを構成する善玉菌として大腸内に住み着いている常在菌で、わざわざ経口して補わなくても相当な数が存在しています。「存在しているけれどあまり活躍できていない」というのが正しく、これは乳酸菌にもビフィズス菌にも当てはまる実態です。このため、「腸活」の目的は、「善玉菌を飲用して補う」のではなく「もともといる善玉菌が活躍できる環境を整える」ことに主眼を置くべきです。

そもそも、「生きたまま大腸まで届く」乳酸菌やビフィズス菌を「プロバイオティクス」と呼びますが、生きた菌を経口摂取してどれだけ生きたまま腸にとどいているのか、大腸内の定着・増殖はどの程度か、常在菌との関係性はどうかという点は不明確で、通説は「腸内では増殖せず、すぐに便中に消えてしまう」になっています。

大腸内で善玉菌が活躍できる環境を整えるにはどうすれば良いか?その答えの1つが「ルミナコイド」です。ルミナコイドとは善玉菌の餌になる物質の総称で、多くは食物繊維ですが、一部の炭水化物も含まれることや、食物繊維や炭水化物の中でも善玉菌に関わるものとそうでないものがあることを踏まえ、日本食物繊維学会が「腸内フローラの良化に寄与する成分」として再定義している単語です。

早稲田大学の研究では、複合ルミナコイドの摂取により、大腸内で酪酸菌を含む有用な短鎖脂肪酸の産生が進むことや、短鎖脂肪酸により大腸内が酸性に傾き、免疫力向上やミネラル吸収促進、各種ビタミン合成が促進されることがわかっています。

まとめ

先端研究から、腸内フローラとアレルギー症状の関係性が示され、腸内フローラの状態を良化することによる各種アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎や花粉症、食物アレルギーなど)が治る・緩和される展望が開けてきています。

免疫システムや腸内細菌の作用機序を鑑みるに、腸活として乳酸菌やビフィズス菌に代表されるプロバイオティクスを健康食品・サプリメントとして継続摂取することも良い方法ですが、善玉菌の餌になるルミナコイドをしっかり摂取する食習慣の方がより期待値は大きいです。