セラミド(角質細胞間脂質)

角質のバリア機能は、皮膚や肌に含まれるセラミドの量と関係しています。セラミドが減ると、バリア機能が弱くなります。

角質層は、レンガとセメントで塗り固められたような構造をしていると言われています。セラミドをはじめとする角質細胞間脂質は、角質細胞(レンガ)をつなぎ合わせるセメントのような存在です。

角質細胞間脂質は、表皮細胞内のコレステロールなどの脂質から作られます。さまざまな脂質の混合物でできていますが、そのうち約40%がセラミド、残りの60%はスフィンゴ糖脂質と遊離脂肪酸でできています。

これらの脂質は、水と結合して肌の水分を保持し、外部の刺激から肌を守るという大きな役割を果たしています。

しかし、角質層のセメント(角質細胞間脂質)が不足すると、レンガ(角質細胞)がぐらつき一部が脱落してしまうことがあり、こうなると肌が粉を吹いたようになります。

角質層が部分的にでも剥がれ落ちてしまうと、バリア機能は弱まり、外部からの刺激に弱い肌になってしまいます。肌が粉を吹いた状態で洗顔すると、石けんが肌に染みるのはこのためです。

なお、年齢を重ねるごとにセラミドの生産量が減り、肌は徐々に乾燥していきます。