角質層のバリア機能

洗剤を素手で触っても、体には染み込みません。これは、角質層のバリア機能によるものです。また、私達が海水浴で塩漬けにならないのも角質層のバリア機能のおかげです。

角質層とは、皮膚の一番上にある「死んだ細胞の層」のことです。顔の場合、約20層の細胞がレンガのように積み重なってできており、厚さは約0.02mmです。この非常に薄い皮膚の層が、肌に触れるあらゆるものから身体を守り、また、皮膚内部の水分が外部に蒸発しないように保護しています。

このように私達は、「角質層のバリア機能」からたくさんの恩恵を受けています。

健康な角質層は自ら保湿成分を生成しており、約30%の水分を含んでいます。この水分量が低下した状態を乾燥肌と呼びます。

乾燥肌になると、バリア機能も低下してしまいます。バリア機能が低下すると、肌は外部からの刺激を受けやすくなり、ちょっとした刺激にも反応してしまうようになります。これを敏感肌といいます。

敏感肌になると、化粧水がしみたり、髪の毛が触れただけでもかゆくなったりします。