肌のターンオーバー

「ターンオーバー」とは「入れ替え」のような意味ですが、美容の分野では特に表皮の生まれ変わりを指します。

基底層で生まれた表皮細胞は、約28日かけて角質細胞となり、最後には垢になって剥がれ落ちます。このサイクルをターンオーバーといい、表皮の細胞が常に入れ替わっているため、表皮の傷は跡を残さずに治るのです(これは、枝分かれした髪の毛が生え替わって元通りになるのと同じです)。

しかし、傷が表皮を超えて真皮にまで及ぶと、真皮のターンオーバーが行われないため、跡が残ってしまうのです。また、紫外線によってメラニン色素が生成され、表皮に留まっている場合は、28日後にターンオーバーとともに排泄され、肌は元に戻ります。しかし、メラニン色素が真皮に達してしまうと、肌が元に戻りません。これがシミの正体です。

このように、ターンオーバーはとても重要なのですが、年齢を重ねるごとに遅くなり、40代になると約40日もかかるようになります。このため、傷の治りが遅くなり、シミができやすくなってしまうのです。また、角質層が厚くなり、角質層の下にある表皮が薄くなります。

くすみ、ごわつき、乾燥、小じわなどは、ターンオーバーが遅くなっている証拠です。