アトピー性皮膚炎|肌トラブル|皮膚の病気

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が良くなったり悪くなったりする病気です。目の周り、口の周り、唇の周りに湿疹が出ます。

症状の特徴

  • 炎症を伴う痒み。
  • 湿疹を伴う痒み。
  • 状況が悪くなったり、良くなったりを繰り返します。

湿疹は、頬や額、手足の関節、背中や胸などにも現れます。左右対称になる傾向があり、年齢とともに病変の位置が変化します。

発症しやすい箇所

  • 年齢によります。
  • 成人では、顔、体、胸、背中に多く見られます。

アトピー素因

誰にでも起こりうるじんましんや発疹とは違い、アトピー性皮膚炎はアトピー素因と呼ばれるアレルギー体質の人に起こりやすいと言われています。

  • アレルギー体質
    • 本人や家族にアトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギーの既往歴がある方。
  • 角質細胞間脂質が少ない
    • 肌の水分を守る角質細胞間脂質が少なくなると、異物を防ぐ肌のバリア機能が損なわれ、ちょっとした刺激で炎症を起こしてしまいます。

最大課題は肌のバリア機能低下

アトピー性皮膚炎の人の肌は乾燥していて刺激を受けやすいことでも知られています。皮膚の一番外側の層(角質層)では、角質細胞間脂質で細胞がつながっています。

角質層の細胞間脂質の約半分はセラミドであり、最近の研究ではセラミドが角質層の保湿やバリア機能の向上に役立つことがわかっています。しかし、アトピー性皮膚炎の人の多くはセラミドが不足しています。

その結果、肌が乾燥してバリア機能が低下し、接触や摩擦、発汗などのちょっとした刺激でも炎症を起こしてしまいます。

そのため、気温や汗、ホコリなどの変化が重症度に影響します。手、肘、膝、顔、足などは、汗や摩擦などの日常的な刺激物にさらされやすい部位なので、発疹が出やすくなります。

大人アトピー

昔は乳幼児に多いアトピー性皮膚炎でしたが、現在では大人にも発症する人が増えています。

原因はストレス

精神的ストレスは成人のアトピー性皮膚炎と密接に関係しています。人間関係や仕事でのストレスが原因で、急に症状が悪化することも珍しくありません。

そうなると、炎症を起こして急激な痒みが生じ、この部分をかき破ってさらなる炎症を起こし、猛烈なかゆみが出るという悪循環に陥ってしまいます。

アトピー性皮膚炎の治療法

その場合は、ステロイド外用剤で湿疹を治療したり、バリア機能を高めるスキンケアをしたりすることに加えて、メンタルケアも大切です。

まとめ

アトピー性皮膚炎は誰でも発症するわけではなく、アトピー性皮膚炎の素因(アレルギー体質)があり、皮膚のバリア機能が低下している人が発症します。

アレルギー反応は、汗やひっかき傷などの小さな刺激物、ホコリ・ダニ・花粉、食べ物(卵・牛乳・大豆など)などがきっかけとなり、皮膚に炎症を起こすことがあります。石鹸や洗剤、ストレスも原因になります。

※アトピー体質でない人の皮膚は刺激やアレルギー物質に相対する角質層のバリア機能が十分に備わっており、小さな刺激では炎症を起こすことはありません。

「アトピー性皮膚炎」SNSトピック