ニキビ肌に良い食品「ヨーグルト」

はじめに

気になるニキビ肌。ニキビケアと言えば、皮膚科クリニックで処方される医薬品(抗生物質など)や市販のニキビ用化粧品を用いて「身体の外側」から治そうという発想が一般的です。しかし、それと同じくらい「身体の内側」から治そうという発想も持って欲しいのです。

例えば生活習慣。バランスの良い食事を摂ることや、睡眠時間を十分に確保することなど、規則正しい生活を送ることはとても大切です。逆に言えば、食生活の乱れや睡眠不足はホルモンバランスを乱し、ニキビなどの肌荒れをおこしやすい不健康な肌を作る原因になります。

バランスのとれた食事を摂ることが、ニキビなどの肌荒れを改善するのに効果的なことを、誰しもが知っています。しかし、多くの人が「毎日の食事を気にする時間がない」というのが現実だと思います。特にランチでは、仕事都合で外食になってしまうというケースが多く、ニキビ改善に必要な栄養素を食事から摂ることが難しいという人の割合が大きくなるようです。

しかし、この小さな不規則・不摂生な食事の積み重ねによって、少しずつホルモンバランスが乱れていき、乾燥肌やニキビ炎症といった肌トラブルにつながっていくのです。「頭ではわかっていてもなかなか実践できない」「気がついた時には手遅れになっていた」という悩みを解決するために、時間がなくても簡単に摂れる、ニキビ改善に役立つ食品・栄養素を紹介します。

これだけは!忙しい時こそ食べて欲しいお勧め食品4選

悪玉菌を撃退!ヨーグルトの腸活でニキビケア

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌、オリゴ糖などの善玉菌・善玉菌の餌は、腸内環境を整えて便通を改善してくれることはよく知られています。

腸内環境が悪くなると便秘になることもご存じの通りです。便秘とは、身体の外に排出されるべき便が分解されずに腸内に溜まり、腸内の悪玉菌が増えてしまった状態のことです。悪玉菌が作り出す腐敗物質は、腸壁から身体の中に吸収され、血液を介して全身に循環します。そして、汗や皮脂に混じって皮膚表面に排出されて肌の健康状態に悪影響を与えるのです。

肌の健康状態が損なわれると、当然、乾燥肌やニキビ炎症のような肌荒れを生じやすくなります。

また、ヨーグルトにはビタミンB群やタンパク質も豊富に含まれています。これらの栄養素は、新陳代謝を活発にして皮膚再生(ターンオーバー)を促し、肌の健康状態を改善する役割を担います。

ヨーグルトならコンビニで簡単に購入できますよね?ダイエッターには低カロリーのプレーンヨーグルト、スイーツ王子にはデザート用のフルーツヨーグルトという具合にバリエーションも多く飽きにくいナイスな食品です。

高品質な油は肌に良い!ナッツ類

ナッツ類は細胞機能を高めて皮膚再生を促したり、血流を促進して皮膚に栄養素を届けたりなど、肌の健康状態に良い影響を与える高品質な油を豊富に含んでいます。

油分を取りすぎると皮脂分泌が過剰になって毛穴を詰まらせると言われますが、ナッツ類ならOKです。ナッツ類に含まれている「オメガ3」という脂肪酸は、炎症の改善に効果があり、ニキビ炎症のケアにも期待されています。オメガ3脂肪酸は、体内では作られない必須脂肪酸であるため、積極的に取る必要があります。(もちろん取りすぎは要注意!)

アーモンドミルクも、肌の健康状態を改善するのに有効だと言われています。アーモンドミルクには、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれているため、ニキビの炎症ケアにはもってこいです。また、血行を良くして肌の新陳代謝を高める効果もあります。

手軽に取れるおやつとして、ナッツ類は重宝できるナイスな食品です。

肌トラブルの万能食品!大豆製品

大豆製品には肌のターンオーバーに関係する植物性タンパク質が豊富に含まれています。さらに皮膚再生に関わるビタミンB群も含まれています。いつも食べるおにぎりの代わりに納豆巻きを食べてみたり、豆腐が入っているサラダを選ぶなどにより、手軽に摂取できるのが大豆製品の良い点です。豆腐バーやソイミートなどバリエーションも豊富で飽きのこない、ニキビケアのナイスな食品です。

「う~ん、、、まずい!」はもう古い!野菜ジュース

厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350gです。とはいえ、これだけの量の野菜を毎日食べることは、相当な野菜好きでない限り拷問に近しい行為でしょう。事実、比較的野菜を食べる民族とされる私達日本人でさえ、1日の平均的な野菜摂取量は295gで、推奨値未達です。肌の健康状態を維持するのに欠かせないビタミン類やミネラル類が慢性的に不足しているのです。

様々に異論があるようですが、料理して食べるのが難しい場合、食べないよりも野菜ジュースで手軽に摂取することは良き選択肢です。野菜ジュースならコンビニで手軽に購入できます。青汁に代表される野菜ジュースは、昔は「う~ん、、、まずい!もう一杯!」のCMの印象がありましたが、最近では味も良くなっており、ニキビ肌にはナイスな食品です。

継続が大切!栄養摂取は自分の好みの食品で

今回ご紹介した食品・栄養素は、ニキビなどの肌荒れに良いとされる食品・栄養素のほんの一部です(他にもニキビ肌に良いとされる食品はたくさんあります)肌の新陳代謝を活発にし、炎症を抑える働きのあるタンパク質やビタミン類、吹き出物の原因となる便秘を予防してくれる食物繊維など、少し調べてみるとニキビに良いとされる食品・栄養素がたくさん見つかります。

食品・栄養素は医薬品ではないため、即効性はありません。日々の積み重ね・継続性が何よりも大切です。そのためには、嫌いなもの・高価なもの・手軽に購入できないものでは続きません。ご自身のライフスタイルに合わせてご自身に必要な栄養素を、ご自身の好みの食品で摂取するようにしてみて下さい。

ライター:田村風威