黄ニキビを潰すのはNG!治し方に悩む女性

はじめに

膿が溜まり大きく腫れた黄ニキビは痛いし目立ちます。「潰して楽になりたい」という気持ちはわかりますが、黄ニキビをしっかりケアしないと、赤みや炎症性色素沈着、クレーターのようなニキビ跡が残ってしまうので、皮膚科クリニックでの治療も視野にいれながら、慎重にニキビケアしていくことが大切です。

黄ニキビは潰してOK?黄ニキビの治し方

黄ニキビとは?

黄ニキビとは、しこりや膿のあるニキビのことです。大量繁殖し、炎症性物質を放出するアクネ菌と戦うために患部に白血球が集まり、死んだ細胞が蓄積されることで膿が溜まり、ブヨブヨと粘り気があり、大きく目立つ、そしてとにかく痛い!吹き出物に成長した状態です。

ニキビ症状は、マイクロコメドから毛穴が詰まった白ニキビへ、皮脂が酸化した黒ニキビへ、炎症をともなう赤ニキビへ、そして炎症がひどく膿を持った黄ニキビへと進行します。黄ニキビの段階まで進むと、慎重にニキビケアしなければ、治った後に赤みや炎症性色素沈着、クレーターのようなニキビ跡を残すことになります。

特にニキビ跡のクレーターは治すのがとても大変なため、作らない(予防する)ことが非常に重要で最善策です。

白ニキビと黒ニキビ:ニキビの化膿過程(1)

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることで始まります。

思春期ニキビの場合、毛穴から皮脂が放出されるスピードを皮脂が作られるスピードが上回ることで毛穴に皮脂が詰まります。

大人のニキビ(アダルトニキビ・吹き出物)の場合、毛穴の入り口にある角質層が何らかの原因で厚くなり、毛穴を塞いでしまうことで皮脂が詰まります。

毛穴に皮脂が詰まって白くなった状態をコメドと呼び、中でもマイクロコメドと呼ばれるコメドの群生は肉眼では見えないほど非常に小さな症状です。このコメドが白くなった状態を白ニキビと呼び、ここからニキビ症状がスタートします。

黒ニキビは、毛穴の入り口にある皮脂が空気に触れて酸化し、黒くなった状態です。白ニキビや黒ニキビの状態では、まだ炎症をともなう症状は観察されません。

赤ニキビと黄ニキビ:ニキビの化膿過程(2)

毛穴に皮脂が詰まっていると、アクネ菌(ニキビ菌)が繁殖しやすい環境になります。アクネ菌の数が一定以上になると、皮脂を分解して刺激物に変え、毛穴に炎症を起こし、赤く隆起した発疹に変わります。この状態が赤ニキビです。

増えたアクネ菌に対抗するために、白血球が患部に集まってくると、赤ニキビが強い炎症と痛みをともないはじめ、次第に中心部が膿により黄色くなって黄ニキビに変化します。黄ニキビは、毛穴に死んだ白血球が膿として溜まっている状態です。

ニキビ跡のクレーター:ニキビの化膿過程(3)

膿を溜めていた毛包壁が破裂して膿が真皮まで達すると、より強い炎症と真皮のコラーゲン繊維の萎縮が始まります。ここまで症状が進んでしまうと、ニキビが治った後もクレーターのような深い凹みのあるニキビ跡ができます。

ここまで症状が進行しなくても、多くの場合、赤みや炎症性色素沈着のようなニキビ跡は残りますが、これらは次第に薄くなり治っていきます。しかし、クレーターのようなニキビ跡の凸凹は一生モノの傷であり、美容皮膚科クリニックの治療で施術されるフラクショナルレーザーのような高額で特殊な治療法に頼らなければ完全には治りません。

化膿した黄ニキビの治癒を遅らせる「悪いニキビケア」

ニキビ症状がなかなか治らなかったり、いつの間にかニキビ跡になっていたりすることがよくあるという人は、「悪いニキビケア」を行っている可能性があるため、スキンケアや生活習慣を見つめ直すことをお勧めします。

以下、ニキビケアの参考になさってみてください。

触らない・自分で潰さない

黄ニキビができて、それを解消したいなら当然にニキビケアは必要ですが、過度に触ってニキビを刺激したり、対処療法的に潰してストレス解消する衝動を我慢強く抑えることが大切です。これらの行為は、ニキビ症状をさらに悪化させ、赤みや炎症性色素沈着、クレーターのようなニキビ跡を残すリスクを高めるだけです。

洗顔の「やり過ぎ」に注意

角質除去剤(家庭用ケミカルピーリングなど)や洗顔ブラシを使いすぎると、肌を傷つけたり、ニキビを刺激を与えたりするだけです。洗顔の際は、たっぷりの泡で優しく洗ってください。

保湿をしっかりと!

肌が乾燥していると、肌を守るため、そして肌内からの水分蒸発を抑えるために皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞いでしまうことがあります。また、角質層が分厚く変化して毛穴を塞いでしまうことがあります。毛穴が塞がるとそこに皮脂が詰まり、アクネ菌が繁殖して白ニキビから黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビへと症状が進行してしまいます。

このような状況は保湿スキンケアを意識することで改善可能です。化粧水や美容液を使い、十分に潤いを感じるほど、肌に水分を与えるようにしましょう。

黄ニキビを治す方法論

自然治癒力に任せる:黄ニキビの治し方(1)

ニキビは皮膚にとって「ちょっとした病気」のようなものです。一般的な病気はこじらせさえしなければ自然治癒により完治します。触ったり潰したりせず、適切なスキンケアや生活習慣を継続することで、ニキビを予防できますし、軽度の症状であれば完治させることも可能です。

スキンケアで保湿する:黄ニキビの治し方(2)

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し、防御反応として皮脂が過剰分泌されたり、角質層が分厚く変化して毛穴が詰まってニキビ原因になります。

よく、ニキビはオイリー肌が原因と言われますが、これは思春期ニキビの話です。大人ニキビを防ぐためには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が乱れてしまわないように、そして角質層が変質してしまわないように、十分な保湿を心がけましょう。

ニキビケアを対象とする保湿スキンケアでは、通常、油分の少ない化粧水や美容液を用いることが推奨されます。しかし、肌の乾燥がひどい場合は、思い切って乳液やクリームのような油分たっぷりの基礎化粧品でカバーすることも必要になります。

ノンコメドジェニック化粧品が推奨です。ノンコメドジェニックとはニキビの原因となる成分を完全に排除していることを特徴としている化粧品です。

皮膚科クリニックでの治療:黄ニキビの治し方(3)

中度から重度のニキビ症状では、皮膚科クリニックを受診して専門的な治療に取り組むことおお勧めします。ニキビケアで皮膚科クリニックに通うの?と思われるかもしれませんが、ニキビ治療は保険適用で、しっかりしたガイドラインも準備されているため、多くの場合、適切で最新の治療法を提供してもらうことができます。恥ずかしいと思うことも遠慮も必要ありません。

ライター:田村風威