大人のニキビ

はじめに

大人になってからできるニキビは、思春期にできるニキビとは発症する場所も原因も異なります。大人のニキビを予防し、その治し方を計画していく上で、大人ニキビの特徴と原因を理解しておくことが大切です。

大人ニキビの特徴

大人ニキビとは、皮膚の病気の一種です。しかしこれは病名ではなく、二十歳以降に発症するニキビ症状全般を指します。このため、「アダルトニキビ」や「吹き出物」と呼ばれることもあります。

Tゾーン(おでこや鼻)といった皮脂の分泌量が多い部位に発症することが多いのに対し、吹き出物はUゾーン(口の周辺や頬から顎にかけてのフェイスライン)や首といった皮脂の分泌量が少ない部位にできやすいのが特徴です。

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、症状が発症しやすい場所だけではありません。

成長期と関係する生理的要因の大きい思春期ニキビは、数年で症状が消えることがほとんどです。一方、アダルトニキビの場合はより複雑で、生活習慣と生理的要因が密接に絡み合って発症する皮膚の病気です。

大人ニキビができる原因

アダルトニキビのメカニズム

吹き出物ができる直接的なメカニズムと、思春期ニキビができる直接的なメカニズムは全く同様です。どちらのニキビも、毛穴に皮脂が詰まり、ニキビ菌(アクネ菌:皮膚の常在菌の一種)が大量繁殖することで発症します。

思春期ニキビでは「毛穴の詰まり原因」が、成長期による「皮脂の分泌過剰」にあるのに対し、アダルトニキビの「毛穴が詰まる原因」は、睡眠不足やストレス、過労などの不規則な生活に起因する「ホルモンバランスの乱れ」「肌の代謝の乱れ」にあります。

また、乾燥肌も大人ニキビの主要な原因のひとつです。肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下してしまい、紫外線や汚れ等の外部刺激からのダメージを皮膚が受けやすくなり、乾燥肌の症状が更に悪化してしまうという悪循環に陥りやすくなります。

乾燥肌では、皮膚は「肌から水分を逃すまい」として角質層が分厚くなるように代謝する性質があります。このことは一見良いことのように思えますが、角質厚化は毛穴を狭くしてしまい、毛穴を詰まりやすくしてしまいます(「毛穴の詰まり」はニキビの直接的な原因です!)。

乾燥肌でなくても、肌荒れでニキビができやすくなるため、皮膚を過度に刺激することは大人ニキビの原因になります。

男性の吹き出物で注意したい点

例えば、男性の場合は髭剃りに注意することが大切です。髭剃りは、まさに頬周りから顎、鼻の下にかけてのUゾーンを強く刺激し、肌のバリア機能を壊してしまったり、肌の炎症を引き起こしてしまったりしやすいスキンケアです。

シェービング道具の手入れをし、切れ味と清潔さを保つなど、シェービング時の肌刺激を低減する工夫をしましょう。

例えば、女性の場合は化粧が肌刺激になることがあります。特にメイクオフは要注意なスキンケアです。化粧をしっかり洗い落とすことは大切ですが、きれいにしようとするあまり肌をこすって刺激してしまうと、肌のバリア機能を壊してしまったり、肌の炎症を引き起こしてしまったりします。

女性の吹き出物で注意したい点

化粧の種類や濃さに応じて適切なクレンジング剤を選び、適切な使い方をして、できるだけ肌に負担をかけないように工夫しましょう。「優しく」「素早く」がクレンジングによるメイクオフの基本です。

最近では化粧品の品質が向上し、「化粧ざ瘡」という言葉は死語になりつつありますが、それでもニキビができているときは、ポイントメイクで化粧品の使用をできるだけ避けることが大切です。どうしても化粧をする場合は、油分の多い化粧品を避け、できるだけノンコメドジェニックテスト済の化粧品を使用することをお勧めします。

生理周期とアダルトニキビに関係する代表的な女性ホルモンは、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類です。プロゲステロンが皮脂の分泌量を増やして肌の状態を不安定化させる特徴があるのに対して、エストロゲンは肌をみずみずしく美しい状態に保つ特徴があります。

「大人ニキビ」SNSトピック

ライター:田村風威