ニキビのスキンケア|質問|肌トラブル

問1. ストレスはニキビの原因になりますか?

ストレスが自律神経に影響を与え、さまざまな健康障害を引き起こすことはよく知られています。ストレスは、ホルモンバランスの乱れに通じ、便秘、不眠、体の抵抗力の低下などを引き起こし、ニキビにも悪影響を及ぼします。ニキビを予防するためには、ストレスを軽減する方法を学ぶことが重要です。

答1. 「必ずしも」ではありませんが、「Yes」と回答します。ストレスは、ホルモンバランスの乱れに通じ、ニキビの原因になったり、ニキビを悪化させたりします。

問2. 市販のニキビ薬は効きますか?

ニキビ用の市販薬には、抗炎症作用があります。これはニキビの炎症を沈静化させるための作用ですが、有効成分の濃度が低く調製されていることがほとんどです。これは、「万人」が使用しても問題が生じないようにするためです。薬効と悪行は表裏一体の生理活性です。

このため、赤ニキビや黄ニキビのように、ニキビ炎症がひどい場合はほとんど効果がありません。また、化膿ニキビにも効果がありません。早く症状を落ち着かせるには、皮膚科で治療を受けるのが一番の近道です。

答2. 「Yes」ですが、その効果は限定的です。ニキビの炎症に対して「抗炎症作用」が働きますが、その効果は大きくありません。本当にニキビを治したいのであれば、まずは皮膚科医に相談することをお勧めします。

問3. 毛穴パックをしても大丈夫ですか?

黒ニキビや白ニキビなどのニキビの初期段階では、毛穴の汚れなどを取り除く毛穴パックには一定の効果を期待しても良いのかもしれません。しかし、やりすぎると角質層を取り除き過ぎてしまい、肌トラブルになりやすい敏感肌になってしまう可能性があります。

答3. 消極的な「Yes」です。ただし、推奨はしません。毛穴パックを使用する場合は、週に1~2回程度にとどめておくのがよいでしょう。

問4. 生理前にニキビができるのはなぜですか?

女性の体は、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンから大きく影響を受けています。排卵から月経開始までの期間、体内では黄体ホルモンが多く分泌されます。黄体ホルモンは、ニキビの原因となる皮脂の分泌を促す作用があります。

月経が始まると、分泌される黄体形成ホルモンの量が減少し、代わりに卵胞ホルモンの分泌量が増えてきます。このため、月経後はほとんどの場合、ニキビ肌の症状が軽減されます。これは、卵胞ホルモンが皮脂の分泌を抑える働きがあるからです。

また、皮膚科医によっては、ホルモンバランスを整えるための内服薬を処方することもあります。

答4.「 黄体ホルモンの影響で、皮脂の分泌量が増加するから」です。

問5. 体や背中ニキビはどうやってケアすればいいですか?

体や背中ニキビのスキンケアや治療は、基本的に顔の場合と同じです。体を丁寧に洗い、シャンプーや石鹸を洗い流さないように気をつけましょう。また、香水は肌を刺激することもあるので、使用する場所にも注意が必要です。

答5. 体や背中ニキビも顔のニキビと同様にケアして下さい。