蕁麻疹(じんましん)|肌トラブル|皮膚の病気

蕁麻疹とは

蕁麻疹は最も一般的な肌トラブルの一つで、幼い子供から高齢者まで、あらゆる年齢層の人々が経験する皮膚の病気です。

蕁麻疹の症状

蕁麻疹は激しいかゆみや腫れ、皮膚の赤みを伴いますが、通常は数時間以内に症状は消失します。症状は、体の一部や全身に現れることがあります。また、ある部分で症状が消失し、別の部分で再び症状が現れることもあります。

蕁麻疹の種類

蕁麻疹には急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹の2種類があります。

急性蕁麻疹

急性蕁麻疹とは、強い症状が突然現れるが短期間で消失するタイプの蕁麻疹のことです。

慢性蕁麻疹

慢性蕁麻疹とは、症状がそれほど強くなく長期間にわたって再発するタイプのじんま疹のことです。

由来による分類

蕁麻疹は、アレルギー反応に由来するものか、そうでない原因によるものかという視点によっても分類されることがあります。

アレルギー性蕁麻疹

アレルギー性蕁麻疹には、風邪などの感染症や内臓の炎症、食べ物や薬、ダニなどの影響などに由来するものが挙げられます。

非アレルギー性蕁麻疹

非アレルギー性蕁麻疹は、ストレス、気温、日光、物理的な刺激(背中の刺激、下着の圧迫、爪やペンで皮膚を引っ掻くなど)などが原因で起こることがあります。

蕁麻疹の原因

蕁麻疹は様々な場面で発生しますが、原因がはっきりしないことが多く、悩ましい病気の一つです。蕁麻疹の原因は食べ物にあるとよく言われますが、実際にははっきりと原因が特定できるケースはほとんどありません。

蕁麻疹は、肉や魚介類、卵、牛乳などの食品に対してのアレルギー反応によって起こることがありますが、アレルギー反応のメカニズムは非常に複雑で、必ずしも同じ食品に対して起こるとは限りません。

さらに、アレルギー反応の原因となった食品であっても、症状の有無やその軽重が調理方法やその人の体調に大きく影響されるため、一概に特定できないのです。

蕁麻疹の治療法

薬や身体的な刺激など、蕁麻疹の原因がわかっている場合は、まずは原因を取り除くことが最も単純な治療法です。しかし、蕁麻疹の原因が特定できない場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬でかゆみや皮膚症状を軽減する措置で様子をみることになります。

まとめ

最後にもう一度「蕁麻疹」の特徴をまとめます。

第1の特徴は、強いかゆみを伴うという点です。第2の特徴は、数時間で症状が消えるという点です。蕁麻疹の特定の箇所に起こるというわけではなく、体のどこにでも発症する可能性があります。口の中の粘膜や喉の奥の粘膜に発生することがあります。

「蕁麻疹」SNSトピック