大人ニキビのスキンケア

大人ニキビのスキンケア「失敗しがちな事例集」

皮脂の落としすぎに注意!逆に皮脂過多になります

毛穴に皮脂が詰まらないようにするためには、しっかりと洗顔することが大切ですが、洗いすぎには注意が必要です。皮脂を落としすぎると、逆に皮脂腺が活発になり、不足した油分を補うために過剰に皮脂を分泌します。特にニキビ用の洗顔剤は、皮脂の分泌量が多い思春期世代向けに作られていることが多く、大人ニキビのスキンケアには不向きです。

メイクアップは毛穴を油分で塞ぐこと!注意して!!

女性の場合、ニキビの原因がメイクに由来することが多いです。油分の多い化粧品は、毛穴を詰まらせるのでニキビの大敵です。ニキビがある場合は、悪化させないためにもメイクをしない方が安全です。どうしてもファンデーションをつけなくてはならない特別なシチュエーションだけ、「薄く」塗って、できるだけ早く落とすようにしましょう。普段は眉、アイメイク、口紅などのポイントメイクで済ませましょう。

良き新陳代謝(ターンオーバー)はバランスのとれた食事から!

よく、チョコレートやナッツ類を食べるとニキビができると言われます。このことを間違っているとまでは言いませんが、正解でないことは確かです。何事にも「個人差」があり、食べ「過ぎ」なければOKです。むしろ大切なのは、食事全体に対するバランス感覚を持つことです。

ビタミン👍ミネラル👍👍食物繊維👍👍👍のような、栄養バランスの良い食事は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活発にしてくれます。食物繊維で便秘対策もバッチリです。もうひとつ、気をつけたいのは食事の分量です。腹八分目にして胃腸をいたわることも大切です。

肌乾燥がニキビの原因をつくります

ニキビは、肌が油っぽい人にしかできないと思われがちですが、乾燥肌の人にもよくできます。乾燥によって角質層のバリア機能が低下すると、外部からのちょっとした刺激でも肌が炎症を起こしやすくなります。炎症によって角質層が厚くなり、毛穴が詰まり、中に閉じ込められた皮脂とアクネ菌が作用してニキビになります。乾燥肌でなくても、エアコン等で乾燥した環境下では全員が要注意です。

夜更かしで皮脂分泌が増加します

夜更かしした次の日にニキビができる人も多いです。これは、睡眠不足がホルモンバランスの乱れを誘発し、結果、皮脂の分泌量が増加することがあるためです。また、睡眠中には成長ホルモンという肌の新陳代謝(ターンオーバー)に関わるホルモンが大量に分泌されるのに対し、夜更かしをすると成長ホルモンの恩恵を受けられず、肌のターンオーバーが乱れてしまうため、ニキビができるのです。

治す!予防する!!大人ニキビのスキンケア「3原則」

原則1:メイクや汚れをきちんと落とす

1日2回、しっかりと洗顔しましょう。

肌を清潔に保つことは、ニキビ予防の絶対条件です。特に、夜寝るときにメイクを肌に残していると、ニキビができやすくなります。クレンジング剤でメイクを落としてから、洗顔剤で洗い上げるダブル洗顔を推奨します。「メイクや汚れを次の日に持ち込まない」をモットーに、肌を清潔に保ちましょう。

だからと言って、洗顔のし過ぎは逆効果です。通常の大人ニキビの場合、過剰な洗顔はニキビを増やしてしまうので、朝1回夜1回の1日2回の洗顔にします。

原則2:大人ニキビは「見ざる聞かざる言わざる」

ニキビができても、それを自分で潰してはいけません。ニキビ跡が残る原因になってしまいます。

ニキビができるとついつい潰してしまいたくなりますが、そうするとアクネ菌が周囲の皮膚に付着して、付着した部位から次に炎症が起きてしまうことがあります。また、肌にシミ(炎症後色素沈着)やニキビ跡の凸凹(クレーター)が残ることもあります。このため、ニキビを自分で潰してはダメです。気になる気持ちは分ります。ゆえにニキビができても「見ざる聞かざる言わざる」です。

また、髪の毛の先端が皮膚に触れると、肌を刺激してそこからニキビができたり、ニキビを悪化させたりします。顔を無意識に触ったり、頬杖をついたりする癖も、好ましくありません。

原則3:肌と会話し状態に合わせてケアをする

乾燥肌のニキビ、乾燥しやすい部位のニキビには、適切な保湿ケアが必要です。

肌が乾燥すると、乾燥を防ごうとして角質層の厚みが増し、そのせいで毛穴がつまってニキビができます。そして、ニキビ肌を乾燥させたままにしておくと、症状はさらに悪化していきます。これがニキビ肌に保湿ケアが大切な理由です。化粧水や美容液を使って、肌が潤った状態を保ちましょう。

ドラックストア等で「ニキビ用」として販売されている化粧水や美容液には注意が必要です。かなりの確率で、思春期ニキビ向けの商品だからです。

例えば、硫黄という成分。過剰な皮脂を取り除いたり、アクネ菌を殺菌したりなどの効果があるため、この手のニキビローションに配合されますが、大人のニキビ肌にはかなりきつい成分です。肌乾燥を招いて大人ニキビをさらに悪化させてしまう可能性があります。

化粧品選びで「全成分表記」を確認することは、スキンケアの鉄則です。内容が分らない場合は、ドラックストアに勤務している薬剤師や、かかりつけ医など、医療従事者に相談することも選択肢にして下さい。もしくは自分でネット検索して調べましょう。情報氾濫の時代です。そこかしらで「答え」がみつかるはずです。

「大人ニキビ、スキンケア」SNSトピック